なりたい貴方になる!!症状別 青汁の効果

なんで効くの?青汁のコレステロール低下効果

コレステロール値が高いのが気になる。薬を飲むほどじゃないけれど、健康診断の前は憂鬱・・・などとお悩みの方にお勧めのもののひとつに、青汁があります。
コレステロールには善玉と悪玉の2種類があるのは、ご存知ですか。その名からして、悪玉コレステロールは有害なイメージがありますが、実際には、細胞やホルモンの材料となるコレステロールを細胞に送り届ける重要な役割を果たしているんです。ただし、余分なコレステロールを回収してくれる善玉コレステロールと比べると、回収作用がなく、過剰に増えすぎると血管にこびりつき、血管壁を肥大させて動脈硬化を引き起こしてしまいます。このため、『健康のためにコレステロール値を下げる』と言う場合は、悪玉コレステロールの値を下げることを意味しています。
緑黄色野菜を搾り取った青汁には抗酸化成分が豊富に含まれており、体内の活性酸素の働きを阻害する作用があります。活性酸素とは、血管壁にこびりついた悪玉コレステロールを酸化させ、血管壁を老化させる厄介な成分なのですが、青汁を飲むことにより、活性酸素の働きを抑制すれば、悪玉コレステロールによる動脈硬化を食い止め、さらには、コレステロール値の減少にもつながります。
このサイトでは、特に、コレステロールの改善に青汁を役立てたい方のため、コレステロール値低下の効果が高く期待できる青汁をご紹介します。